ふくおか眼科クリニック中野

自然の採光 と 人工的な採光

中野駅付近の眼科医院の外来フロア計画である。採光可能な開口部は全面通りに面するものしかなく、奥行きのあるテナントであった。
25坪しかないフロアで診察室など機能で区切った際に、待合や検査ゾーンは限られた狭いスペースになってしまう。そこには多くの出隅ができてしまい、主な患者である高齢者には強いソリッドな印象を与えてしまう。そこに照明計画が加わり、よりそのソリッドなボリューム感が際立ってしまい強い印象を増加させてしまう。
いかにしてクリニックに柔らかい印象を作り出すことができるかが重要となった。
角ばったボリューム感と光が主な要因であると考え、角ばったボリューム感をなくすことと、自然の光による陰影を作り出すことと、逆に人工的な柔らかい陰性をつくりだすこととが重要であると考えた。
行った操作としては該当するソリッドな壁の出隅入隅部分にRをつけること。開口枠などのソリッドな印象を与える部分を極力排除する。また、天気や時間帯によらずクリニックは開いているため、全面開口部からくる自然光と、人工的な光が柔らかい印象を作りだす照明とすること。
天気が良い日や日中は自然光により、グラデーション上にクリニックの奥にまで光を届ける。天気が悪い日や夕方以降は、隙間から差し込む類似自然光のような間接照明をつくり、柔らかい印象を作り出そうとした。

ふくおか眼科クリニック中野
Category :
眼科
Location :
東京都 中野区
Floor :
180m2
Year :
2021
Designer :
Rui Horikawa
Contact
Contact